「IRTジャパン」トップページへ

2012年6月10日(日) 08:55

メイク・ア・ウィッシュ講演会

カテゴリー:イベントレポート,環境・社会貢献活動

201261日、Make A Wish Of Japan講演会「夢に向かって走れ」が、IRTジャパン役員の平泉先生の勤めておられる昭和大学病院にて、メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン事務局長であられる大野寿子さんを招いて開催されました。

メイク・ア・ウィッシュとIRTジャパンとの交流は、IRTジャパン主催のイベント会場での募金箱やグッズ販売等で通して皆さんご存知のことと思います。またメイク・ア・ウィッシュで毎月開かれる定例会にどんなに忙しくても廣林さんが参加されることによって、メイク・ア・ウィッシュとIRTジャパンとの交流は10年以上に渡り良い関係を築いています。

平泉先生ご自身も医療現場で働かれているので、職場において重い障害を抱えた子供達を担当されることがあり、ご家族の負担も目の当たりにしてきた中で、「自分にできることは、ただ病院に来た子供達の医療を行うだけ」という思いもあったようです。

そんな中、平泉先生はIRTジャパンを通してメイク・ア・ウィッシュの役員の方々と知り合いました。そのことがきっかけとなり、メイク・ア・ウィッシュ募金箱設置のため昭和大学病院にも許可をとり、平泉先生の働きかけで外来棟と入院棟の正面玄関2ヶ所に募金箱が設置されることになりました。

お忙しい中、人の目の届かない場所でそのような活動を行いながらも、この度、ご自身の医療現場の仲間に少しでもこの国際的活動を知ってもらい、共感を持っていただける仲間を増やしたいという平泉先生の熱い思いからこの講演会が企画されました。

大野さんはメイク・ア・ウィッシュ設立初期から活動されており、現在までに1800人を超える子供達の夢を叶えるお手伝いをされてきました。今まで様々な壁がありながらも乗り越えてこられたご自身の豊富な人生経験の中で培われた寛大な心と子供達の夢を叶えるために奮闘されるその姿が目に見え、大野さんの講演中、涙を流して聞き入る参加者も多く、講演後には熱気のこもった質疑応答が行われました。


写真は、講師の大野さんと講演会に参加された昭和大学病院の先生方、平泉先生、廣林さんです。


後日、大野さんより、活動を手伝いたいとの申し込みが医療関係者から数件入ったとの感謝メールが平泉先生のもとに届きました。この講演会を通して、また講演会を企画された平泉先生、廣林さんを通して輪が広がり、素晴らしいものとなりました。

お忙しい中、熱意あふれる感動的な講演をしてくださった大野さん、本当にありがとうございました。

(tama)

コメント